透明感のある美白肌になる為の紫外線対策。日焼けは5秒後から

透明感のある美白肌のポイントとは?

室内にいれば日焼けしないのか


 

 

紫外線対策が気になる美白初心者の人が間違えがちなのが、室内にいれば日焼けしないという考えです。

 

 
確かに屋外で、直接太陽の光を浴びるのに比べ、部屋の中にいれば極端な日焼けは起こりづらいといえるでしょう。

 

 
しかし、紫外線というのは窓ガラスを通り抜け、拡散して肌に到達します。
特にA波は波長が長く、肌の奥深くにまで降り注ぎ、シミの原因となるメラノサイトを作り出す原因にもなります。夏や天気の良い日だけではなく、曇りや雨の日でも微量の紫外線が窓から部屋の中に降り注ぎ、年間を通せばかなりの量でしょう。

 

 
部屋にいる間に日焼け止めを塗るのもなかなか面倒なので、このような場合はUVフィルムの利用が効果的で手軽に行える方法です。

 
窓ガラスにフィルムを貼り付けることで、カーテンを開けっ放しでも有害な紫外線が家の中に入らないようにブロックすることが出来ます。これなら窓際で読書をしたり、料理をするのも怖くありません。

 
毎日長い時間を過ごす家だからこそ、このように対策を行うことが大切です。
美白初心者の人はもちろん、小さな赤ちゃんがいる家庭などでも、肌の美しさや健康を守るために対策を講じる必要があるでしょう。

 
ホームセンターや通信販売で手軽に購入することが出来るので、大掃除をして綺麗な窓に貼り付けてみるのも良いでしょう。


コメントを受け付けておりません。