透明感のある美白肌になる為の紫外線対策。日焼けは5秒後から

透明感のある美白肌のポイントとは?

美白化粧品の違いとは


女性に加齢に伴い、シミなどに悩まされます。

 
その為、様々な美白効果のあるスキンケア商品を試している方もいらっしゃいます。

 
では、一般のスキンケア化粧品と美白の為のスキンケア化粧品は違いはどのようなものでしょう。

 

 

一般的に美白化粧品といっているのは、シミを予防するための化粧品です。
メラニンの生成を抑制する効果のあるアルブチンや、シミを漂白する働きがあり高い美白効果が期待できるのあるハイドロキノンなどの美白ケア成分を含んだ化粧品は出来てしまったシミを薄くする効果が期待できます。
又、美白に効果があるとされているビタミンCなどはビタミンC誘導の働きでシミを予防する効果が期待できます。

 

 

但し、肌に対して刺激の強い部分があるため、敏感肌や乾燥肌の人には向きません。

 
安全性を考えてビタミンC誘導体濃度を5%までとしています。

 

 

因みに、アルブチン・ビタミンC誘導体・コウジ酸・トラネキサム酸・ルシノール・エラグ酸・プラセンタエキス・リノール酸・カモミラET・t-AMCHAなどの10数種類だけを美白有効成分として厚生労働省は認めています。

 

 

 

ですから一般の化粧品との違いは、人の体に対して穏やかな作用で働く一般の化粧品よりも、よりシミを予防する効果が期待できるのが美白スキンケア化粧品ということになります。

 
昨今、いろいろな種類の美白の為のスキンケア化粧品が出ていますが、表示を良く見て安全性の高い美白成分も含んだ化粧品を選ぶことをオススメします。


コメントを受け付けておりません。