透明感のある美白肌になる為の紫外線対策。日焼けは5秒後から

透明感のある美白肌のポイントとは?

日差しの強い日は紫外線の多い日なのか


 

 

日差しが強いと、どうしても「今日は外に出ないほうがいいかも・・・」とか「今日は日光に当たらないほうがいいな」などと判断する人が多くなるようですが、実際のところ、日光の強さと肌の真皮層への負担は比例するわけではありません。
たとえば、夏の直射日光は非常に力強く感じるかもしれませんが、肌の表面にダメージが及ぶことは事実ですが、しかし、不可視光線のように真皮層に与えるダメージはほとんどありません。
むしろ、不可視光線の光量が多いのが、5月~6月の梅雨時の前のころで、不可視光線の光量自体は真夏のほうが少ないのです。ですから、日光の強さ、暑さ、あるいは日焼けの度合いだけで肌へのダメージを推し量るのは、少々危険であると言えるかもしれません。そういうイメージを払拭するためにも、肌の真皮層へのダメージの大小は、「目に見えないもの」で決まってしまうということを徹底的に認識する必要がvあるかもしれません。
日光というのはある意味、人間にとって必要な光です。これはもちろん農作物が育つからという間接的なことではなく、人間の健康を維持する直接的な意味で言えることです。ですから、日光であればなんでも排除してしまうという考え方は改善するべきであると言えます。”


コメントを受け付けておりません。