透明感のある美白肌になる為の紫外線対策。日焼けは5秒後から

透明感のある美白肌のポイントとは?

正しい日焼け止めの塗り方


一年を通して、日焼け止めを塗っておくことは、シミ・ソバカスなどの肌老化を防ぐことができますので、とても大事と言えるでしょう。

 
特に夏場は、外でただ立っているだけでもジワジワと汗をかいてしまいますので、日焼け止めを塗ることはとても大切です。仕事や家事などで忙しい方ですと、日焼け止めを朝塗ってそのまま夕方まで持たせる、などという方が多くいらっしゃるでしょうが、一日一回はできるだけ塗り直しをすることがいいでしょう。日焼け止めは数値を見て、皆さん使われいらっしゃるでしょうが、あれはあくまでも目安です。その日の天候や気温、個人個人での皮脂の分泌量にも差がありますので、お昼頃にももう一度塗ることで、安心して過ごせるのではないでしょうか。

 

 
日焼け止めの量としては、小豆一つと半分くらいがちょうどいいでしょうか。日焼け止めの種類によって、微妙に差は出てくるでしょうが、スーッと伸びるテクスチャーの場合は、これくらいでいいでしょう。また、シミ・ソバカスの多発地帯である頬の部分は、二度塗りしておくと安心ですので、その場合はプラス小豆半分くらいがいいでしょう。

 
日焼け止めをお昼頃にもう一度塗り直すことは、一度メイクを落とさなければならない大変さがありますが、今は、ドラッグストアなどで、クレンジング・洗顔・化粧水の機能が一緒になった便利なコスメも出てきていますので、これらを上手に活用していくと時短で済ますことができるでしょう。


コメントを受け付けておりません。