透明感のある美白肌になる為の紫外線対策。日焼けは5秒後から

透明感のある美白肌のポイントとは?

日傘の弱点とは


UVケアは美肌のみならず老化予防対策として老若男女を問わず生活上の常識

 

として定着しつつあります。

 

UVケア対策としては日焼け止めクリームを塗る、帽子をかぶる、UV対策処理が

 

なされている手袋やストールを身に着ける、サングラスをかける、などがあり、冬で

 

も日差しのある日には日傘をさしている人もちらほら見かけるようになりました。

 

UVケアとしてまず気になるのが、太陽による直射日光から身を守ることです。

 

つまり有害光線は頭上から降り注いでくるので、それに対する予防を行うという認

 

識です。

 

これはこれでもちろん正しい知識です。

 

しかし、これだけでは認識不足というのも、また事実です。というのも一般的に光

 

線は反射するもので、避けたい光線は頭上からのみでなく地面からも反射して容

 

赦なく皮膚を攻撃しているのです。

 

反射率は地面の種類によって変化し、砂浜で10~15%、水面で10~20%、アス

 

ファルトで10%、草地や土で10%以下となります。

 

また雪面では場合によっては80%ほどになってしまうこともあるため、スキーでU

 

Vケアとしてファンデーションの厚塗りをしておいたら、首と顎下だけ日焼け(雪焼

 

け?)してしまったという話も珍しくありません。

 

UVケアに傘、は正しくはありますが光の反射を考慮した場合には傘だけでは不

 

十分であるということを覚えておきましょう。


コメントを受け付けておりません。