透明感のある美白肌になる為の紫外線対策。日焼けは5秒後から

透明感のある美白肌のポイントとは?

室内にいれば日焼けしないのか


 

 

紫外線対策が気になる美白初心者の人が間違えがちなのが、室内にいれば日焼けしないという考えです。

 

 
確かに屋外で、直接太陽の光を浴びるのに比べ、部屋の中にいれば極端な日焼けは起こりづらいといえるでしょう。

 

 
しかし、紫外線というのは窓ガラスを通り抜け、拡散して肌に到達します。
特にA波は波長が長く、肌の奥深くにまで降り注ぎ、シミの原因となるメラノサイトを作り出す原因にもなります。夏や天気の良い日だけではなく、曇りや雨の日でも微量の紫外線が窓から部屋の中に降り注ぎ、年間を通せばかなりの量でしょう。

 

 
部屋にいる間に日焼け止めを塗るのもなかなか面倒なので、このような場合はUVフィルムの利用が効果的で手軽に行える方法です。

 
窓ガラスにフィルムを貼り付けることで、カーテンを開けっ放しでも有害な紫外線が家の中に入らないようにブロックすることが出来ます。これなら窓際で読書をしたり、料理をするのも怖くありません。

 
毎日長い時間を過ごす家だからこそ、このように対策を行うことが大切です。
美白初心者の人はもちろん、小さな赤ちゃんがいる家庭などでも、肌の美しさや健康を守るために対策を講じる必要があるでしょう。

 
ホームセンターや通信販売で手軽に購入することが出来るので、大掃除をして綺麗な窓に貼り付けてみるのも良いでしょう。


雨の日は日焼けしないのか


日焼け対策をしっかりとしている方でも、雨の日については油断しがちです。しかし、曇りや雨の日であっても、日差しは降り注いでいますので対策をしっかりしておくことは大切です。特に6月や7月は日差しの強い時期になりますので、天気が悪くても日光による害には対策が必要です。アスファルトなどによる照り返しについても注意が必要です。アスファルトや建物による散乱光もありますので、思っている以上に危険性は高いです。ですから、天気が悪いくらいで油断していては日光による害を防ぐことができません。また、照り返しなどによる影響も考慮する必要がありますので、日傘を利用していたり、日陰にいるからといって油断をすることも危険です。天気に関係なく、日中の外出についてはキチンとした対策をしておくことが必要です。UVクリームを利用される場合には、照り返しのことなども考慮した塗り方をしておきましょう。

 

日傘やUVクリームを利用した対策も大切ですが、日ごろのスキンケアで潤いのある肌を保つことも大切です。肌に力があれば、日光による害を軽減することが期待できます。また、食事に工夫をしたり、サプリメントを利用するなどして、体の内側からも対策をしておくとよいです。


日差しの強い日は紫外線の多い日なのか


 

 

日差しが強いと、どうしても「今日は外に出ないほうがいいかも・・・」とか「今日は日光に当たらないほうがいいな」などと判断する人が多くなるようですが、実際のところ、日光の強さと肌の真皮層への負担は比例するわけではありません。
たとえば、夏の直射日光は非常に力強く感じるかもしれませんが、肌の表面にダメージが及ぶことは事実ですが、しかし、不可視光線のように真皮層に与えるダメージはほとんどありません。
むしろ、不可視光線の光量が多いのが、5月~6月の梅雨時の前のころで、不可視光線の光量自体は真夏のほうが少ないのです。ですから、日光の強さ、暑さ、あるいは日焼けの度合いだけで肌へのダメージを推し量るのは、少々危険であると言えるかもしれません。そういうイメージを払拭するためにも、肌の真皮層へのダメージの大小は、「目に見えないもの」で決まってしまうということを徹底的に認識する必要がvあるかもしれません。
日光というのはある意味、人間にとって必要な光です。これはもちろん農作物が育つからという間接的なことではなく、人間の健康を維持する直接的な意味で言えることです。ですから、日光であればなんでも排除してしまうという考え方は改善するべきであると言えます。”


日傘の弱点とは


UVケアは美肌のみならず老化予防対策として老若男女を問わず生活上の常識

 

として定着しつつあります。

 

UVケア対策としては日焼け止めクリームを塗る、帽子をかぶる、UV対策処理が

 

なされている手袋やストールを身に着ける、サングラスをかける、などがあり、冬で

 

も日差しのある日には日傘をさしている人もちらほら見かけるようになりました。

 

UVケアとしてまず気になるのが、太陽による直射日光から身を守ることです。

 

つまり有害光線は頭上から降り注いでくるので、それに対する予防を行うという認

 

識です。

 

これはこれでもちろん正しい知識です。

 

しかし、これだけでは認識不足というのも、また事実です。というのも一般的に光

 

線は反射するもので、避けたい光線は頭上からのみでなく地面からも反射して容

 

赦なく皮膚を攻撃しているのです。

 

反射率は地面の種類によって変化し、砂浜で10~15%、水面で10~20%、アス

 

ファルトで10%、草地や土で10%以下となります。

 

また雪面では場合によっては80%ほどになってしまうこともあるため、スキーでU

 

Vケアとしてファンデーションの厚塗りをしておいたら、首と顎下だけ日焼け(雪焼

 

け?)してしまったという話も珍しくありません。

 

UVケアに傘、は正しくはありますが光の反射を考慮した場合には傘だけでは不

 

十分であるということを覚えておきましょう。


骨を強くするために日光浴しないといけないのか


 

 

骨を強くするために日光浴しないといけません。しかし、特別に日焼けしようとする必要は全くありません。カルシウムとカルシウムの吸収を助けるビタミンDを摂取し、日常生活をしていれば良いのです。常に日光を避けるような暮らしをしていると骨は弱ってしまうかも知れませんが、普通に外を歩いていれば、日光を相当浴びますから、意図的に日光に当たる必要はないのです。

例えば、会社から駅までとか、家から駅までを歩いていれば、勝手に日光に当たることでしょう。日傘は止め、希に屋外に出るようにすれば良いのです。もちろん、屋外に出るのは、日光を浴びられる時間でなければなりません。家に篭っているような人には、たまには外に出て日光を浴びるようにすることをおすすめしますが、普通の人なら、日光を意図的に浴びる必要はありません。強い日差しは必要がなく、曇っていても十分です。

 

 

骨を強くしたかったら、適度に運動することも大切です。また、成長ホルモンの分泌を促すために、早く寝ることも必要です。さらには、甘いものを控え、糖分によるカルシウムの流れ出しを防ぐことも大切になります。過剰に日光を浴びる必要はなく、避けすぎないようにするだけで十分です。


正しい日焼け止めの塗り方


一年を通して、日焼け止めを塗っておくことは、シミ・ソバカスなどの肌老化を防ぐことができますので、とても大事と言えるでしょう。

 
特に夏場は、外でただ立っているだけでもジワジワと汗をかいてしまいますので、日焼け止めを塗ることはとても大切です。仕事や家事などで忙しい方ですと、日焼け止めを朝塗ってそのまま夕方まで持たせる、などという方が多くいらっしゃるでしょうが、一日一回はできるだけ塗り直しをすることがいいでしょう。日焼け止めは数値を見て、皆さん使われいらっしゃるでしょうが、あれはあくまでも目安です。その日の天候や気温、個人個人での皮脂の分泌量にも差がありますので、お昼頃にももう一度塗ることで、安心して過ごせるのではないでしょうか。

 

 
日焼け止めの量としては、小豆一つと半分くらいがちょうどいいでしょうか。日焼け止めの種類によって、微妙に差は出てくるでしょうが、スーッと伸びるテクスチャーの場合は、これくらいでいいでしょう。また、シミ・ソバカスの多発地帯である頬の部分は、二度塗りしておくと安心ですので、その場合はプラス小豆半分くらいがいいでしょう。

 
日焼け止めをお昼頃にもう一度塗り直すことは、一度メイクを落とさなければならない大変さがありますが、今は、ドラッグストアなどで、クレンジング・洗顔・化粧水の機能が一緒になった便利なコスメも出てきていますので、これらを上手に活用していくと時短で済ますことができるでしょう。


PAの正しい選び方


biyou01_m

 

 

の光にはUV-AとUV-BUV-Cの3種類がありますが、日焼けする原因となるのは地球に届く前者2つです。UV-Bは日光浴で肌が真っ赤に焼けたり水ぶくれができたりとエネルギーが強く、皮膚がんやしみの原因となります。UV-AはUV-Bほど肌に急激なダメージを起こさず、肌が黒くすることぐらいなので有害でないとされてきましたが、最近になって肌の奥深くまで到達してコラーゲンを編成させ、シワやたるみの原因になることがわかってきました。また雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているため、家の中にいる場合でも日焼け対策が必要です。
日焼け止めを選ぼうと売り場に行くといろいろな種類のものがたくさんあります。
どのような条件で使うのかによって、どのランクのものを使うのがよいか絞られます。
UV-Aを防ぐ効果の大きさを表すためにPAが使われ、+~+++の3段階で表示されています。UV-Bを防ぐ効果の大きさを表すためにSPFが使われ、最高レベルは50+と表示されます。夏の強い日差しの中での活動では強いランクのものがお勧めですが、日常生活のなかでは弱~中のもので十分です。そして、汗などで落ちてうっかり焼けてしまうことを避けるためにも、数時間おきに塗りなおすようにしましょう。


SPFの正しい選び方


 

 

 

SPFとは、サン・プロテクション・ファクターの略で、サンスクリーンのUV-Bに対する遮断性能の指標です。たとえば、UV-Bを20分間浴びたら肌が赤くなる人が、サンスクリーンを塗った後で10倍量のUV-Bを浴びた際に20分間でようやく肌が赤くなった場合には、そのサンスクリーンの値は10になります。
UV-Bはエネルギーが強く、皮膚にサンバーンを引き起こします。また、皮膚細胞のDNAを守るためにメラニン色素が活発に作られ、シミの原因になります。そのため、この値がいくつかはサンスクリーンを選ぶ際の重要な参考になります。
サンスクリーンに用いられている成分には、散乱剤と吸収剤があります。後者の方が遮断力はありますが、皮膚への影響もありますし、値段も高めになります。
そのため、用途に応じてサンスクリーンを使い分けをする方がよいです。散歩や買い物程度なら、10~20で十分です。屋外での軽いスポーツやレジャー等では20~40、屋外での激しいスポーツやマリンスポーツ等では40~50ある方がよいです。なお、日本では、上限は50+となっています。これは皮膚の赤みを評価の指標にしているため、測定誤差が大きく50以上の数値は信用性が低いと考えられているためです。

 


美白化粧品の違いとは


女性に加齢に伴い、シミなどに悩まされます。

 
その為、様々な美白効果のあるスキンケア商品を試している方もいらっしゃいます。

 
では、一般のスキンケア化粧品と美白の為のスキンケア化粧品は違いはどのようなものでしょう。

 

 

一般的に美白化粧品といっているのは、シミを予防するための化粧品です。
メラニンの生成を抑制する効果のあるアルブチンや、シミを漂白する働きがあり高い美白効果が期待できるのあるハイドロキノンなどの美白ケア成分を含んだ化粧品は出来てしまったシミを薄くする効果が期待できます。
又、美白に効果があるとされているビタミンCなどはビタミンC誘導の働きでシミを予防する効果が期待できます。

 

 

但し、肌に対して刺激の強い部分があるため、敏感肌や乾燥肌の人には向きません。

 
安全性を考えてビタミンC誘導体濃度を5%までとしています。

 

 

因みに、アルブチン・ビタミンC誘導体・コウジ酸・トラネキサム酸・ルシノール・エラグ酸・プラセンタエキス・リノール酸・カモミラET・t-AMCHAなどの10数種類だけを美白有効成分として厚生労働省は認めています。

 

 

 

ですから一般の化粧品との違いは、人の体に対して穏やかな作用で働く一般の化粧品よりも、よりシミを予防する効果が期待できるのが美白スキンケア化粧品ということになります。

 
昨今、いろいろな種類の美白の為のスキンケア化粧品が出ていますが、表示を良く見て安全性の高い美白成分も含んだ化粧品を選ぶことをオススメします。