透明感のある美白肌になる為の紫外線対策。日焼けは5秒後から

透明感のある美白肌のポイントとは?

雨の日は日焼けしないのか


日焼け対策をしっかりとしている方でも、雨の日については油断しがちです。しかし、曇りや雨の日であっても、日差しは降り注いでいますので対策をしっかりしておくことは大切です。特に6月や7月は日差しの強い時期になりますので、天気が悪くても日光による害には対策が必要です。アスファルトなどによる照り返しについても注意が必要です。アスファルトや建物による散乱光もありますので、思っている以上に危険性は高いです。ですから、天気が悪いくらいで油断していては日光による害を防ぐことができません。また、照り返しなどによる影響も考慮する必要がありますので、日傘を利用していたり、日陰にいるからといって油断をすることも危険です。天気に関係なく、日中の外出についてはキチンとした対策をしておくことが必要です。UVクリームを利用される場合には、照り返しのことなども考慮した塗り方をしておきましょう。

 

日傘やUVクリームを利用した対策も大切ですが、日ごろのスキンケアで潤いのある肌を保つことも大切です。肌に力があれば、日光による害を軽減することが期待できます。また、食事に工夫をしたり、サプリメントを利用するなどして、体の内側からも対策をしておくとよいです。


コメントを受け付けておりません。